一人っ子が親の介護をいまく続けるにはいくつかのポイントがあります。
その中でも重要なのが「事前の行動」です。
思わぬ事態が起こってからでは遅すぎることもあります。
起こりそうな問題を想定しておいて、予めの対策をできる範囲からでよいので始めましょう。

①一人っ子なら親が元気なうちに親の生活習慣や考え方を知っておきましょう

一人子のあなたは「親がどんな生活をしているのか?」を把握していますか。
意外となんとなくしか把握ししていないのではないですか?

一人っ子ならまだ親が元気なうちに親の生活習慣や死生観を知っておくことをおすすめします。
なぜなら、子供は意外なほど親のことを知らないのものなのです。
・今、親が一番楽しみしていることは?
※カラオケの十八番(おはこ)は?
。今、親は一番な仲良くしている友だちは?その連絡先は?
・今、親の好きな食べ物は?
・今、親が一番好きな歌手やその曲は?
なんとなく走っていてもそれを親に確認してはいないことでしょう。
一人っ子が親と離れて暮らして十年以上も経ってしまうと親のことなどよくわからないことが少なくないのです。

食欲の落ちてきた親になにか食べてもらえるようい差し入れをどうしますか?
親と連絡が取れない時に仲良しのお友だちに確認できますか?

親の考え方(死生観)もなにかの機会をみて、さりげなく聞いておきましょう。
なぜなら一人っ子は親の最期の時に辛い決断を一人でしなければなりません。
もし親が突然倒れてしまった時に、医師から延命措置のことを訊かれます。
その時に「延命措置をする?しない?」を親の考え方を知っていれば、一人っ子のあなたの決断の後悔も小さくなります。
親戚や親の友人の葬儀やお見舞いの時にさりげなく質問するのもよいかもしれません。
「アタシなら、あそこまでして欲しくないわ」
そんな一言でもあれば、一人っ子の心の救いになります。

そのためには、日頃から離れていても
・電話
・ファックス
・メール
などを活用して親子の会話を増やすことを心がけておきましょう。

②一人っ子なら親のまわりの人たちを良好な関係を作っておきましょう

親に介護が必要になった時に、それまでの地域との関係が大きく影響してきます。
いきなり
「私は一人っ子なので親に介護に協力してください」
は難しいものです。

親の暮らす地域の人たちといい関係が築けていれば物理的・精神的にに大きな支えとなります。
しかし、がy区にいい関係が築けていなければmなにかあった時に苦情や非難として帰ってきてしまいます。
まわりの人たちからすれば、あなたが一人っ子で親の介護が難しいことなと知りませんし関係の内ことなんです。
だから協力なんてしてくれません。

③一人っ子なら自分の家族に介護の理解をしてもらいなさい

一人っ子が親の介護にどっぷりと身も心も尽くしていると、夫婦や家族の関係に支障が生じるケースもあります。
一人っ子ならば日頃からそれぞれの親の介護について話し合っておくことをおすすめします。
孫である子供にもおじいちゃんやおばあちゃんの介護について話し合っておくことも必要です。

なぜなら親の介護は一人っ子の家族自体にも影響があるからです。

一人っ子ならば家事(料理・洗濯委など)も夫や子供にある程度はできるようになってもらうことをおすすめします。
なぜなら急に親が入院や倒れたりしたときに、一人っ子はその対応や介護にかかりっきりになります。
実家が遠い場合は1週間や1か月、親の介護や看病で家を空けなければならないこともあるわけです。
できれば夫か子供の誰かには
・炊飯器や電子電字くらいは使えるようになってもらう
・簡単な料理くらいは作れるようになってもらう
・掃除ができる
・洗濯ができる
・衣類やタオルの収納場所がわかっている
・ゴミを出す曜日や出し方も知っておいてもらう
・印鑑や通帳のある場所を知っておいてもらう
・新聞など毎月の集金や引き落としのことも知っておいてもらう
くらいは常日頃から心がけておきましょう。

④一人っ子なら介護や医療の専門家とツーカーの仲になる努力をしましょう

一人っ子なら親の意思や状況を常に把握し、医療や福祉サービス利用の時の窓口となる介護の中心人物とはこまめに連絡が取れるようにしておくことをおそすめします。
ケアマネージャーやケアヘルパーと気軽になんでも相談できる関係になっておくことをおすすめします。
一人っ子でお仕事のある方なら日中は連絡が取りにくいこともあるでしょう。
その場合は「Line」やメールなどもうまく活用してみてください。

ただ、介護の方も日中がメインのお仕事なので夜間はうまく連絡が取れません。
「こっちは客だぞ!」
そんな意識があるとうまく介護サービス事業所とのいい関係は作れません。
このあたりは、一人っ子のあなたも介護サービス事業所もフラットな立場で考えてください。
介護や医療の現場では、取るに足らない事柄であってもすぐに家族に判断を仰がなければいけないことも多いので、できるだけすぐに連絡が取りあえる態勢を心がけけて下さい。
例)オムツやリハビリパンツの補充、ケアプランの変更など

⑤一人っ子なら介護情報の収集に努めましょう

一人子の親の介護で、親に介護が必要になってから介護保険や福祉サービスを調べだしているようでは遅すぎます。
早めに自治体の福祉サービスや地域のボランティアなどの、民間事業者などを調べておくことをおすすめします。
予めわかっていればすぐに連絡が取れ、スムーズにサービスやサポートが受けられます。

また、一人っ子のあなたのまわりにいる介護経験者からも情報収集しておくことをおすすめします。

一人っ子なら親の介護にかかる費用も調べ、対策を考えておくべし

親の介護はゴールの見えないマラソンに例えられます。
「いったい親の介護でいくらかかるのか?」
介護費用の問題は親にとっても子供にとって重要な問題です。
もしもの時に備え、
あるいは今よりも手厚い介護が必要になった時に備え
一度介護にかかる費用を試算シュミレーションしておきましょう。
親のお金は親の望む介護の実現に使いたいものです。
そこで、
・親の財産(預金・不動産の価値)
・親の年金支給額
など機会を見計らって把握しておくことをおすすめします。

⑥一人っ子なら自分の心と身体を大切にする

親に介護が必要になってきた時
一人っ子の娘なら身体も更年期が傘なて精神的にも肉体的にも辛くなってくるでしょう。
一人っ子の息子なら会社で責任あるポストで親の介護に時間もとれないことでしょう。

一人っ子だからこそ親の介護でなにもかも引き受けて完璧な介護を目指しがちですが、それではいつか「身体」も「心」も、そして「お金」も早かれ遅かれ限界を迎えることは間違いありません。
たとえ他人の力を借りることになっても自分の心と身体を休ませ、長い介護期間を乗り越えていかなければいけません。
「お金」も次はあたなの老後に必要な大切な「お金」です。
親の介護で一人子のあなたがスッカラカンになっては貴女の老後が心御です。